主婦のためのキャッシング審査解説

主婦でもキャッシング審査は可能です。正しい知識を身につけましょう。

カードローンの総量規制対象外について

2016年09月11日 18時30分

最近法律が変わり、クレジット会社の借り入れと銀行や消費者金融の借り入れの基準が異なるようになった。クレジット会社の借り入れは、年収の1/3までとされている。一方銀行系のカードローンなどは、総量規制対象外とされ、年収の1/3以上も借りるすることができるケースが多い。

総量規制対象外が適用される銀行系カードローンや消費者金融系でも、きちんとした審査がある。審査基準で一番大事なことは、きちんとした収入がある・職場に勤めていることが前提とされている。そのうえで、返済日までにきちんと返済することができているかが大事である。返済日までに返済を繰り返すことで、借り入れがある人でも信用能力がある人とみなされ、借り入れの増額審査にも通りやすくなる。

他社の消費者金融や銀行カードローンなども、信用能力がある人なら、複数の金融会社から借り入れの審査が通ることが可能となる。審査や融資も現在は当時審査・当日融資をしているところもたくさんある。返済を守ることを続けることによって、年収の2倍3倍借入が可能となっている人も多い。

これらはすべて信用情報機関にのるので、延滞遅延があると、ブラックリストに載り、借入枠の減少や、一括返済を求められることもあるので注意が必要である。